住宅の美観性と耐久性を高める外壁塗装はフッ素塗料が効果的

築10年目を過ぎた住宅は					様々な箇所でトラブルが発生する

築10年を経過した住宅は経年劣化により、様々な箇所でトラブルが起きてしまいます。特に外壁は雨風や紫外線により負担
が蓄積しやすい箇所であるため、定期的に塗装を塗替える必要があるのです。ここでは、外壁に生じるトラブルの事例や、補
修の方法について紹介していきます。

築10年の一戸建てに発生する外壁トラブル

作業員

色あせ・サビなどで悩んでいる人々の声

考える男性

中古で購入した築10年の一戸建て住宅に住んでいます。最近、外壁の色あせが目立つようになりました。明らかに変色が進んでいる箇所もあるため、住宅の外観を損ねてしまっています。これ以上、変色が拡大する前に外壁の塗替えを検討しています。

驚く男性

壁に手を触れると白い粉のような物が付着します。サビやひび割れが目立つ箇所もあり、住宅の耐久性能にも影響がでてしまいそうで心配です。外壁の塗替えを施すことで、サビやひび割れの補修にもなるのでしょうか。

まとめ

サビ

住宅は築10年を過ぎると、様々な箇所で劣化が見られるようになります。この時点で適切な対応を行なうことが、住宅のこれからを左右する重要なポイントになるのです。外壁塗装に使われる塗膜の耐用年数は10年程とされており、耐用年数が過ぎた外壁は急速に劣化が進んでしまう可能性があります。外壁の状態によってはひび割れや雨漏りなどを引き起こしてしまい、補修に多額の費用がかかる恐れがあるのです。

色アセ&サビは機能性や美観性を悪くする元凶!

塗り替え工事をする意味

男女

色あせやサビが進行してしまった外壁をそのままにしておくと住宅の美観を損ねるだけではなく、住宅の機能性や耐久性に悪影響を及ぼす恐れがあります。雨風や紫外線にさらされることでダメージが蓄積する外壁は、塗膜の作用によってダメージを最小限にとどめています。そのため、定期的に外壁リフォームを施すことは、住宅の美観を保つだけではなく、メンテナンスとしての効果も兼ねているのです。

これが塗り替えのベストタイミング

塗装作業

外壁の塗替えを行なうタイミングは、家を建ててから10年目を目安に行なうことが一般的とされています。雨や紫外線から家を守る塗膜の耐用年数が10年ほどであるため、10年越しに塗替えをすることが良いとされているのです。しかし、お住まいの地域の気候や使用している塗料によっては、外壁の劣化が急速に進んでしまう場合があります。塗替えから10年が経過していなくても、サビやひび割れの進行次第では早急に塗替えを行なう必要があるでしょう。

外壁塗装の必要性を示すサイン

模型とチェックマーク

外壁の状態を見極めるためには、塗装の必要性を示すサインを見逃さないようにする必要があります。塗料が劣化することで起こるチョーキングは、塗料の耐水性能が落ちてしまうことから、浸水などのトラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。手で外壁に触れた際に白い粉状のものが手に付着していたら、チョーキングが起きている可能性がありますので、早急に専門業者に確認すべきです。その他では、外壁のひび割れや塗膜の剥がれといった症状も、目視で確認することができる塗替えのサインの1つです。

耐用年数15年以上!効果が長持ちする“フッ素塗料“の魅力

表

航空宇宙産業にも使用されるフッ素塗料

宇宙

外壁塗装はフッ素塗料を使用することで長期的な効果が期待されます。耐候性や耐寒性などに優れたフッ素塗料は、航空宇宙産業でも広く使用されている塗料です。高耐久で光沢感・防汚性に優れたフッ素塗料を使用することで、住宅の美観性や耐久性を上げることができます。15年から20年と長い耐用年数を誇るフッ素塗料は、一度塗装を施すことで住宅を維持するために必要な塗替え工事の回数を減らすことができます。そのため、住宅に長く住み続けるために必要なコストを大幅に安くすることができるのです。

その他の塗料を知る【アクリル・ウレタン・シリコン】

ペンキの缶

アクリル

アクリル樹脂を主成分とするアクリル塗料は、安い費用で使用できるため外壁塗装で広く使われています。しかし、フッ素塗料では15年から20年ある耐用年数が、アクリル塗料では5年ほどと短いことや、ひび割れなどのトラブルが起きやすいために頻繁に塗替え工事をする必要があります。

ウレタン

ウレタン系樹脂を主成分とするウレタン塗料は、値段や耐久性、機能性が安定していることから、かつてはスタンダードな塗料として広く使用されてきました。しかし、フッ素塗料と比べると紫外線や汚れに弱く、変色しやすいデメリットがあるため、アクリル塗料と同様にこまめなメンテナンスが必要になります。

シリコン

現在最も多く使用されている塗料として、シリコン塗料が挙げられます。耐久年数も約10年と長く、防水性・防汚性にも優れているため、外壁塗装の多くでシリコン塗料が使用されています。しかし、フッ素塗料と比べると付着性に劣るため、将来塗装を施す際に新しい塗料が密着しづらく、個人では綺麗に塗装を施すのが難しいでしょう。